タイの政治

##URL_CONT##

タイの政治

タイの政治について書いてみようと思います。
タイという国はなにかと話題があるように思います。
王を政治制度のための国家元首とみなすことは立憲君主制度です。
そして、タイは1932年の憲法革命の後議会内閣のシステムを採用します。
追加、信頼、言葉、出版、会議、協会、政党組織において、コミュニケーションの自由は、憲法で保証されます。
しかし、軍事クーデターはしばしば起こります。
そして、軍事政権は設立されます。
そして、シビリアンコントロールのような抑制装置が動かない国を、憲法は止めて、持っていて、軍政と市民の政権の間で行ったり来たりします。

タイの王は、不可侵の不敬罪は刑法の中に存在します。
しかし、大赦はしばしば本当に落ちます。
神聖な物です。
支配者、そして、それがタイ王国軍隊の司令官の位置にあります。
そのうえ、それは仏教徒です。
そして、それは宗教の主唱者を処方されます。
現在の支配者は、プーミポン・アドゥンラヤデート(ラーマ第9には)です。
1946年6月9日に王座を継承しました。
チャクリー王朝は、生成で9番目にあります。
王は愛されて、タイ人によってとても尊敬されます。
そして、当局も大きいです。
そのうえ、王は緊急時には超越のような存在としてそれを調節するかもしれません。
copyright(C)Thailand Government